【松之山の魅力を】


この季節 冬シーズンに

ここ 松之山にいることを

味わってもらうには…

雪深い 雪国にわざわざ来てくれる

大阪から来てくれる会社の後輩に

松之山を楽しんでもらうには…

どこかに出掛けるのもいいのだけど

思いついたのは

雪三昧

早朝の雪堀

雪遊び

灯籠作りに

雪だるま

雪の灯籠を点灯

そして…

自宅の裏の田の

かんじき散策!

踏み固められていないので

膝まで 下がる

かんじきが途中で外れる❗

でも、歩きだすと 楽しいみたいで

より遠くへ、より上へ

景色もより綺麗に映るし

空気も新鮮

楽しそうにしてくれるのが

本当に嬉しい。

何より嬉しいのは

『雪と向き合って生きるのは

思っていたよりももっと大変だった』

普段の生活と違う環境に身を置き

非日常を過ごしてみて

『私たちの非日常が

松之山で生きる人達にとっての日常

だということが不思議な感覚だ』

こんな風に色々感じてくれたこと。

『雪堀も含めて楽しかったです。』

『日常生活に戻ります』

と 帰っていきました。

名所巡りも温泉もいいのだけど

まだまだ松之山初心者マークの私なんだけれど

私たちの日常を一緒に過ごしてもらって

深い雪も

突然の嵐も

一時の晴れ間の嬉しさも

除雪車の役割の凄さも大きさも

色んな

魅力を感じて味わってもらう

これが一番かな

まだまだ松之山初心者マークの私なんだけれど

これが松之山なんですよ

素晴らしいでしょう!(笑)