もし 印象派が松之山に出逢ってたら…


昨日モネ展に行った時に

私が出逢ったのは

モネの詞。

image

『モティーフで一番大切なのは

空の一部分が映り込むことによって

刻一刻とその外観を変える
鏡のような水面だ

image

過ぎ行く雲

image

吹き抜けるそよ風

image

強く吹き付け急に止む風

image

おぼろになり
image

そのあと再び輝きだす光

image

すべてが
色彩を変化させ水面をかき乱す』

image

風 、光 、水面
すべてが 色彩を変化させる
二度と同じものはない。

image

私も同じ
見たままの色を 映したい。

image

画と 写真 手法が違うけれど
感じる心は同じだ

そう思ったとき
モネの詞の解説を聞いて
鳥肌がたち

その解説を何度も何度も
モネの描いた年代を経る度に
流して聞きながら彼の画を眺めた

image

睡蓮を眺めながら

自分の脳裏に浮かんだのは

大好きな松之山の風景。

image

モネ
ゴッホ

印象派の巨匠に見てもらいたいなあ

image

この 松之山の美しい景色を。

あの巨匠達は

自然豊か
春夏秋冬表情豊かな松之山
いたるところで見かける
棚田で農業営む姿

出逢ってたら
どんな感嘆の声をあげただろう。

つづく