惹かれるものに 向き合うとき


愛する松之山。

春夏秋冬
色んな表情を見せる。

image

深い

雪の季節

image

窓辺で

眺める雪

image

梅雨の流れる

雨の芸術

image

そして

黄金色の

実りの季節

image

愛車と相棒で巡る

松之山。

季節ごとに感じる

日本の景色を

みんなに 味わってもらいたい

image

そう、

黄昏っていうのか

この夕暮れが

とか

image

朝に散歩して

いわゆる勝手に命名『あさんぽ』

新しい景色に出逢ってからの

image

宿の地元のお母さんの朝御飯が

さらに美味しいとか

image

温泉のあとの

いっぷくの
コーヒーフロートが

うんまいとかね

image

こんな
神々しい 光を浴びる

神社があるとか

image

誰も いない

美人林の冬とかね

『感じる松之山』

自分の想いを伝えたい。

感じてほしい。

始まった気がする

だから

一緒にめぐってくれませんか

その時が来たら…

image