改めて感じた 松之山


 

wpid-dsc06891.jpg

8月に入ってから
躍起になって 巡っていた芸術祭

image

ずっと混んでた 馴染みの宿
9月に入ってからやっと久々宿泊できた

image

ほぼ徹夜の疲れか
夜の消灯待たず就寝した

翌朝のことです。

image

窓から見える景色は
優しい涼しい朝

image

こりゃ あさんぽしないと
って いつものように 通学路から
あ散歩に。

image

ここからでると
サブちゃんに吠えられないの

しかし
優しい空気の景色だねー

image

神社も 清々しい緑

image

いつもの指定席の景色はどうだろ

予想外さず
神々しい景色だねー。

image

ビバ   (古い)

リフレッシュあさんぽ。

image

いつもの美人林は?

image

いつもの景色は?

image

あ、はさかけの準備されてる。
稲の色が染まり出してる。

気付いた。

自分が 芸術祭に気を取られてる間に
季節は進んでる。

好きな景色に気が行かないくらい
芸術祭楽しんでたんだよなあ。

image

ごめんね、いつもの場所。

好きとか言っておきながら
浮気してた。

この日は作品巡りやめちゃいました。

松之山の魅力

それは この 各所の味のある景色

芸術祭が終わると
実りの松之山に変身します。

長雨が続くけど
圧巻の 松之山カラー 『実り』が
今から楽しみです。

image

ほら、泊まった夜は

image

こんな景色にも遭遇。

夜に瞬く 三省ハウスも
美しいねー。

image

そして 集落の神社

狛犬が浮かび上がる

訪れて感じる
素敵な松之山時間。

次はどんな景色に出逢うだろう。

image