松之山 ~管領塚を訪ねたら ~


image

先日、天水越を呟いたときに
触れた 上杉房能の自刃した地に
建てられた碑

『管領塚』

越後守護上杉房能が

守護代長尾為景(上杉謙信の父)と

争って敗れ、

関東管領の兄を頼って

兄の領地の津南町を目指して

松之山(初めは松代)まで逃れながらも、

急追に

千年、大荒戸と南下して

湯本(松之山温泉)をたち

天水越まで走り

雁が峰という険しい難所を
目指しながらも・・・・

逃げ切れないと

松里小学校の裏山を

最後の地と決めて自刃した地


建立された碑、管領塚。

image

管領塚は

何度か移転され

現在の地になったようです。

管領塚に

お参りはもちろんしたのですが
(房能様
今頃になって申し訳ございません)

image

この小学校からの景色…

高台にあり

眺望

素晴らしい。

今は
秋の実りの季節、すすきとともに

彩り鮮やか。

image

グランドは整備されていて

この春までの小学校だったとは

思えない。

というのも

地域で行事

活用され大事に管理されているようだ。

image

湯本から約1キロ程とはいえ

厳しい雪の季節は

登下校

大変だったんだろうな。

image

また

房能は 

薬湯 松之山温泉の湯を

娘『かみ』に湯治を勧めたように

追手から
逃れながらも自身の戦傷を

同じく
松之山温泉で

癒したのかな…

image

などと思い馳せながら

意識は

管領塚 に戻って…

武将にこの景色を眺める余裕は

無かったかもしれないけど

吹き抜ける風に

巡り合わせを感じた。

image

趣ある場所が

なんと多いことか……

それが松之山の魅力。

愛して止まない。