松之山カラー 〜野鳥こけし〜


wpid-dsc06013_wm.jpg

いつも景色に

感動してるけど

まだあるんです

感動すること。

wpid-dsc05189_wm.jpgそう、

豊かな自然の中で

囀る野鳥

wpid-dsc05955.jpg

私の野鳥の先生によりますと

早朝が一番いいらしいですけど

様々な野鳥がやってくる。

それを楽しまれている地元の方が

カタチに残されている伝統工芸が

あります。

【野鳥こけし】

wpid-dsc06018_wm.jpg

キョロロ

いや、違う

もとい

アカショウビン。

渡り鳥で この時期位に
松之山に渡ってくるそうです。

wpid-dsc05455_1.jpg

 

その紅の姿

一度見てみたい。

剥製がキョロロにいた。

こけし
似てるかしら。

 

wpid-dsc_1591.jpg

松之山に通い出すと

一度も見たことないのに

アカショウビンが可愛くて

仕方なくて

手元に置いちゃった。

これって

とっても繊細な手作りなんです。

 

皆様、ご周知の 【トキ】

 

wpid-dsc06022_wm.jpgいっぱいだと

なんだか嬉しい(笑)。

このヒト

wpid-dsc06027_wm.jpg

こんな

感じ。

wpid-dsc06023_wm.jpg

こんな感じで。

過程、

伝わります?

wpid-dsc06026_wm.jpg

お見脚も

とっても繊細

wpid-dsc06022_wm.jpg過程を見て

もう一度眺めると

愛着感

わきませんか?(笑)。

wpid-dsc06020.jpg

そんな繊細な野鳥こけし

引き継ごうとされてる女性が

いらっしゃいます

wpid-dsc06029_wm.jpg

十一屋商店の女将さん↑

大事にしていこうって気持ち

凄いですよね。

この野鳥こけし、もちろん

十一屋商店さんで入手できます。

私の少ない情報ですが
知ってる限りでは

三省ハウスでも、

キョロロでも。

wpid-dsc06027_wm.jpg

引き継がれていく伝統

松之山の思い出に

お土産にいかがですか?