松之山 〜夏のおもいで part1 そばとジャズの店滝見屋〜


image

そう、初めて訪れたのは
夏前の大雨の日。
美人林のブナも雨に濡れて綺麗だった。

image

あまりにも大雨だから雨宿りも兼ねて
前々から入ってみたかった
滝見屋さんに。

時間が時間で
入ると私しかいなかったので
入ってすぐのテーブル席についた。

image

ざる蕎麦を注文して待ってると
かかってた曲が終わる。

お店のお姉さんが
レコードを変えてくれたような
ご主人が変えてくれたような。
記憶は時が経つと曖昧になるな。

image

かかった曲は…
リチャードクレイダーマン!

小学校の登下校や給食の音楽だったから、

懐かしい気持ちになり、
お姉さんに

『リチャードクレイダーマンですね!』

って思わず発してしまった。

image

蕎麦とリチャードクレイダーマンを
眺める。

なかなか無いよ。この組み合わせ。

そこからお姉さんやご主人と
会話が弾み、心も和み、
大きな雨音はバックコーラスになった。

image

なんて素敵なひととき
滝見屋マジック。

でも、あの時ご主人に
『ジャズはよくわからない』って
言っちゃった気がする。

それ以来

松之山訪れるたびに
お店の外でご主人やお姉さんを
お見かけすることはあったけれど
会話することはありませんでした。

でも、

9月のJAZZストリートでJAZZに触れて
JAZZが心地良くなって。

『JAZZ、好きになりました』って
ご主人に言いたくなってて、

数週間前に
ムズムズ行きたくなって
また、訪れてみた。

時間が時間だったので
結構お客さんがいて
座敷に座った。

wpid-20140912_121823_174.jpg

 

メニュー表が レコードのケース!(笑)
オリジナリティ溢れててステキ。

wpid-20140912_121752_893.jpg

 

注文するとね
いつもだと思うんですけど
ご主人一度見周りに来られる気がする。

頼んだのは

カレー南蛮そばに お餅をトッピング。

昔から 力うどんとか好きなんですよね。

image

そしたら、偶然
カレー南蛮にお餅入れると
美味しいんですって。
わーい(^O^)

私が食べ始める頃には
他のお客さんいなくなっちゃって

『テーブルで食べてください』

って、テーブルに移動させてくれた。

するとお姉さんが
『お姉さん、
リチャードクレイダーマン好きな方
ですよね?
三省ハウスよく泊まる方ですよね?』

うっそー
むっちゃ、嬉しい。

覚えてくれてた。

嬉しさに鳥肌が立つ。

『そうです、よくご存知で』

そこから
会話が弾んだのは言うまでもないですが、
こうして
会話してると 不思議に
他のお客さんとも
会話が繋がるようになる。

後から来られてた
長岡から来られたお客さんとも
会話が弾んだ。

でも、肝心な
『JAZZ好きになりました!』

って言うの忘れちゃったんだな(笑)

ふふふふ。

image

室内、外も素敵な装飾のお店。

日本 3大薬湯
新潟の 松之山温泉に訪れる時

アットホームな

はーとがすごくあったかい
蕎麦とジャズの店滝見屋さん、

おすすめですよ。

image

松之山温泉駐車場から
すぐの場所に構えてらっしゃいます。