美人林、美しさの秘密


数日前にも 新潟 松之山にある『美人林』を ブログ書かせて頂いたのですが 行った喜びの興奮も落ち着いてきたところで 美人林の美しさの秘密について 書いてみたいと思います。 image 本当に このブナ林はいつ来ても美しい。 さくさくっと歩けます。 なので image 見上げてみたり image 木陰を楽しんでみたり。 観光者が様々に楽しめます。 私は主に平日訪れることが多いのですが この日は … image 青いジャージの学生が大勢やって来ました。 地元の高校生のようです。 『落ちてる枝を集めてくださーい』 森林の管理者のような方が学生に 指示されてました。 学生さんは嬉しそうにしてる人 イヤイヤながらにしてる人 色々だったけど、もう数年したら この美人林が故郷にあることを 誇りに思う日が来ると思うなあ。 と思いながら 作業を眺めてました。 image シャッター構えていたカメラマンは どこを撮ろうにも学生が入っちゃうので 諦め顔で去っていっちゃいましたね。 でも、 いつ来ても綺麗な美人林。 こういう努力があっての美人林なんですよね。 image ちょっと踏み込むとある溜池の鯉も 気持ち良さげに泳いでいました。 水も澄み切っていて鏡のようです。 リフレッシュの マイナスイオンが溢れてますね〜。 訪れる人も 守る人も 静かに迎え入れてくれる 美人林は 新潟県十日町市の松之山、 「森の学校」キョロロ  の向かいに あります。 カーナビ設定はキョロロを入れると 必ずたどり着きます。