~冬の中の熱い眼差し~


松之山に帰ったときに
久々に長距離運転した。

松之山まで400キロくらい?
好きな曲を聞きながら…
真夜中を

やっぱこれが私の気分転換なんだなあ

image

そして
幻想的な雰囲気を仲間と楽しめた。

image

その時に出会った
無垢な眼差し。

image

始まるまで騒いでたのに
灯をつけると
ずっとそれを見つめてる

image

ずっと心に留めててね。

大人も子供も一緒で

image

その灯火を

image

その一瞬を見逃すまいと

image

見送る。

wpid-dsc08375_1-1024x679

 

一方
松之山でも
『松之山フェスティBAR』の最終日

wpid-16-02-14-23-27-57-050_deco-1024x679

 

『寒くないの?』

かなりの薄着に思わず聞いた。

『せっかくの催しなので
ヤマバですし頑張ります』

良い表情してるなー。

冷える松之山の夜の9時に
キャラクター?衣装を
見に纏って

 

『良かったら
かまくら覗いていってください』

wpid-dsc08387_1-1024x679

『いいの?』

『どうぞどうぞ』

wpid-dsc08472-1024x679

 

中では女の子が

ドリンク勧めたり

カラオケしたり

ハンドマッサージしたり…

思わず撮らせてもらった。

学生の頃にこんな
マネジメントの経験が出来るって
良いなあ。
きっと将来に活きるよ。

続けられる取り組み、
ずっと心にも刻んでてね。

wpid-dsc08392_11-1024x679

 

温泉街も灯りを纏って
良い雰囲気。

image

私も

無垢な気持ちで大好きなカメラに

その眼差しを収めてたんだろうな
image

撮られちゃった。

集中してるやー。

image

久々に帰ってきた松之山

訪れたらわかる
この雰囲気。

雪の松之山は春夏秋冬
色んな行事が催される
日本 三大薬湯 松之山温泉が

キラキラ輝いてます。