~里山アートの魅力~


里山のアート

それは自然の色

そして 地域住民の協力が合わさった

芸術(アート)

初めて訪れた

絵本と木の実の美術館

やっぱりダイナミックで

いいですね

廃校になった小学校の校舎が

丸ごと絵本になっている

地元の小学生3人が主人公

凄くないですか?

『学校はカラッポにならない』

 その言葉に

切ない 想いも  こもってる気がする。

校舎も味があって

自分の懐かしい

奥にある記憶をくすぐる。

そして

この苔のグリーンマンが

なんといっても惹かれる

苔を身に纏っていて 

どこからか飛んできた

植物の種子が発芽する🌱そう

素敵。

時に 自らを潤すために

霧が噴射されるそう

ホントだ(笑)

潤してる。

かわいいキャラクター

『トペラトト』もいる。

特別展もちょうど催されてた

『みえない いと』

~いろいろな『いと』がめぐりあい、

引き合う世界

すべての『イノチ』はつながり、

バランスをとりあいながら生きている~

作者は 田島征三さんと中里繪魯洲さん

作品に隠されたメッセージを

個々が感じ

想像を深めて欲しいって。

空間絵本を通り抜けていくと

だんだん心も 透かされていく気がする。

懐かしさからかな…?

最後にあるのは

校長室を利用したカフェ

鉢にあるから

ハチカフェだったんですね。

カボチャのチーズケーキを

いただきます。

この年になって

野菜のいろんな食べ方を知る(笑)

里山の魅力を

作品・食物を通じて知る

っていう楽しさもあじわう☺

そして

本当に子供の頃の記憶が

よみがえってくる。

知らない間に自分の記憶と向き合える

大事な時間。

見終わった後には

自然と

アートに愛着が湧いてる

自然、アート、カラー、里山

すべてが合わさった魅力に触れて

心を潤してみませんか

きっと

クセになります

また 『帰って』来たくなる。