巡る時の楽しみ方 〜越後妻有〜

その土地の名勝って
誰もが目的地として巡ります。

そして、偉大だったり、
眺望が素晴らしかったり、
効能があったり、美味しかったり。

でも
その道中にも
綺麗な景色あったりしますよね。

image

残雪に、桜が咲く集落
季節がひとつのフレームに収まる
「なんて贅沢なのっ」
って 思わずパチリ。

image

場所によっては
残雪の中の桜。
ここは桃源郷?
松之山です。

image

ちょっと季節が進むと
水を張った田が光を反射する。
花も太陽の方向に向かって顔を揃える。

image

名勝の遊歩道も
ちょっと庭みたいなこじんまり感が
いい感じ。

image

のびのび育ってる
山菜にも出逢えます。
ここは採っちゃ駄目です。

image

側溝の周りにも”新”緑が。

ある本に、
地元の方が書かれていました。

どんなに美しい自然があっても
それに感動する心が大事。
いくつになってもきれいなものに感動し、
楽しい時は笑って 悲しい時は泣く。

もう、
移動していると
あちらこちらに
素晴らしい景色があって
ここに来ると一日の予定が
どんどんズレていく。
自分の世界に没頭しちゃう。

一緒に誰か来ると
退屈しちゃうんじゃないかな。
呆れちゃうかな。

実は
次の家族旅行が心配。
案内ばっかりして
きっと私はあまり眺められない(;_:)
(そっちかい!)

いやいや、いやいや、
家族にも好きになってもらいたいから
ツアーコンダクター頑張ります!

ギブアップ出るくらい連れ回しちゃおう!

image

でも
こんな看板も見つけちゃいました。
簡易トイレも設置してくれてるのに、
我慢できない人もいるんですね。
せっかくのベストショットも
こんなだと泣いちゃいますね。

やはり
観光名所でも
そこはその土地の人の、

生活地でもある。
動物の住処でもある。

見たい、聴きたい!が
踏んづけたり汚したり
破壊、汚損に繋がっちゃうのは悲しい。

いつまでも そのままの自然を保つ事が
観光地でも大事。
それに比例して

訪れる人のマナーもやっぱり、
大事ですよね。

私も 道路から撮るとか、
畦道から撮るとか心掛けていますが

いま一度
訪れる時、それを念頭において
行動したいと思います。

image

やっぱり、ここの景色
大好きですから。
(踏み出す足元注意、根っこ、
踏んづけてないかな。)

『松之山中毒症』患者になりつつあります

自分から喜んで(笑)。

好きな場所を大事な人と巡れる喜び〜越後妻有〜

今度、
大好きな場所〜越後妻有〜を
大事な人と共に訪れることになりました!

それは   もちろん 家族です。
今は 離れて暮らしていて、
今度会うのも何ヶ月ぶりだろうって
感じだけど。

そして、家族4人だけで旅行するのは
人生において 2回目なんです。

いつも自分が訪れて眺めている景色を
両親に見せられたら…と思いながら
いたのですが
やっとその思いが叶います。

どこ行こうかな〜

image

美人林はもちろん

image

芸術詰まった農舞台でしょう。
弟の反応を見てみたい。

image

この中の色とりどりの部屋を
喜んでくれるのは母親かな。

image

津南町の竜ヶ窪を
写真好きな父親はどう切り取るだろう。
撮り”愛”合戦になりそう。

image

そして 棚田。
鳥の囀りの楽園、
訪れる日もさえずっていてね。
あの環境は 人の心に響く。
人の心を純粋にさせる力がある。

image

私も今でこそ
こんなによく食するようになった
『へぎそば』
視覚にも味覚にも響きますように。

人生の殆どを
街で過ごしている人の目に

この
松之山、松代、津南町は
どう映るのだろう。

ドキドキわくわく
緊張…も
する。

ちゃんと、伝えられるかな。。

行きたい場所はいっぱいあるけれど
限られた時間の中で
その土地の魅力を伝える…

なんだか 代表に勝手になった気分。
はたまたツアーコンダクターか。

忘れられない家族旅行になりますように。

越後妻有の魅力〜惹かれるもう一つの景色〜

この土地の魅力。

景色はもちろんなのですが
立ち止まって眺めてしまう情景。

それは、農夫、農婦の方々の作業姿です。

広大な農地だとなかなか遠いのですが
ここは複雑な地形で棚田が多いため
間近に感じる。

農耕車に乗ってたり…
後ろ向きが好きだなあ。

image

機械入らず手作業だったり。。
(芸術と共にある棚田も実際ちゃんと
耕されています。)

image

広大な土地を耕されていたり。

image

ゴッホが 農夫、農婦の方々を敬愛し
様々な場面を絵画で描きとどめているけれど

私も
食べ物を創る育てる姿に惹かれています。

ここを訪れると ご夫婦で一緒に作業されてる
姿をよく見かけます。
歳を重ねても力合わせて
何かを一緒に出来るっていいなあ。なんて。

そして
便利な中でも 昔からの農工器具を用いる。
用いらばければならないのだろうけれど。

本当は
もっともっとそんな作業場面も撮りたい!

そうなかなか言い出せず
遠くから眺めさせて頂いてます。

観光地も素敵だけれど
それ以外でも たくさん魅力のある
松之山、松代、津南町
いわゆる越後妻有。

image

田畑に 赤の農耕車が とても映える。

休日のドライブにオススメの
古き良き日本を大事にされている
身近な越後妻有。

東京方面から
マイカーで 4時間くらいかな?

お気に入りの風景〜松之山の四季〜

惹かれる越後妻有。
中でも 必ず眺めたい景色があります。

美人林へ向かう道中にある松之山の景色。

image

トタン屋根の家に川と畑と桜。

見ると何故か 足を止めずにはいられない。
今回もバッチリ撮るぞ!
足を止めずにはいられないのに、
今回は
完全に止まっちゃいました!(涙)

な、なんと

image

私のベストポジションにまさかの先客が!
じぇじぇじぇ( ‘ jjj ’ )

蛇ですよ!超苦手の蛇〜(涙)。。

うーん、私はまたいで歩いてきたのか?
うーん、車に戻れない。
うーん、一人だぞ。。

暫し考えてる間に 消えたのですが、
やっぱり、大自然だもの
ありますよね、こんなシチュエーション。。

知識を持つ必要なものがまだまだあるなあ。
自分の行動に責任がある。

話は戻って、
ここの景色
安らぎがあっていいんです。

image

秋。

田畑は実りの色に。
水面には秋の空、
遠くでおじさんが畑を手入れする姿が
情緒を醸し出す。

image

冬。

といっても、もう春の4月ですが
春の空気と雪の間で
霧が立ち込めて 幻想的な景色に。

image

春。

4月下旬。
桜が咲き、残雪とともに
春が来た喜びで水面もキラキラ。

一つの風景を追うだけで
こんな感動が。

ずっと守り続けられている田畑。
この魅力に魅了されています。

もっともっと様々な場所を
大事に眺めてみたいなって思います。

ドライブの際に
ふと見かけた風景を楽しめる
そんな魅力いっぱいの 土地です、
松之山。

美人林、美しさの秘密

数日前にも 新潟 松之山にある『美人林』を ブログ書かせて頂いたのですが 行った喜びの興奮も落ち着いてきたところで 美人林の美しさの秘密について 書いてみたいと思います。 image 本当に このブナ林はいつ来ても美しい。 さくさくっと歩けます。 なので image 見上げてみたり image 木陰を楽しんでみたり。 観光者が様々に楽しめます。 私は主に平日訪れることが多いのですが この日は … image 青いジャージの学生が大勢やって来ました。 地元の高校生のようです。 『落ちてる枝を集めてくださーい』 森林の管理者のような方が学生に 指示されてました。 学生さんは嬉しそうにしてる人 イヤイヤながらにしてる人 色々だったけど、もう数年したら この美人林が故郷にあることを 誇りに思う日が来ると思うなあ。 と思いながら 作業を眺めてました。 image シャッター構えていたカメラマンは どこを撮ろうにも学生が入っちゃうので 諦め顔で去っていっちゃいましたね。 でも、 いつ来ても綺麗な美人林。 こういう努力があっての美人林なんですよね。 image ちょっと踏み込むとある溜池の鯉も 気持ち良さげに泳いでいました。 水も澄み切っていて鏡のようです。 リフレッシュの マイナスイオンが溢れてますね〜。 訪れる人も 守る人も 静かに迎え入れてくれる 美人林は 新潟県十日町市の松之山、 「森の学校」キョロロ  の向かいに あります。 カーナビ設定はキョロロを入れると 必ずたどり着きます。

名物を楽しむ〜越後妻有編〜

さてさて、
昨日も楽しかった〜。
まだ、桜が見れたし、今年4回目の桜です。
桜前線を追っていく感じ。

image

松之山の
大厳寺高原の手前だったんですが
密やかに咲き、風が吹くとひらひら〜。
散りゆく花びらがまた愛おしくて
暫く眺めちゃいました。

image

桜以外の景色も
雪解け真っ最中でキラキラ輝いてた。

実は
越後妻有に魅せられたのが3年前,
新潟市に住んでたこともあって
地元の情報誌も入手して、
自分ではそれに載ってるとこは
結構行き尽くした感があったんです。

それがね、最近
twitterとかで地元の方が リツイート
された、観光者のツイート見ると
出てくる、出てくる地元の魅力。

image

松之山の『志んこ餅』
ナステビュウ湯の山の売店で入手。

魚沼産コシヒカリ使用のお餅は
ピカピカでしっかりして
中のあんこはこし餡のあっさりで
まいうー。
(小島屋のお店はナステビュウ湯の山の
手前にありました。)

image

ナステビュウ湯の山はこんな所です。
ここは、スタッフアイデアいっぱいの
元気な温泉施設です。
眺めのいい露天風呂が気持ちいい。
温泉ソムリエがいらっしゃったり
アメニティが充実してたり。
旅の締めくくりにもってこいで
私も愛用しています。

image

他にも
『山菜の季節で
松之山温泉ビジターセンターにあるよ。』
とか
写真は立ち寄った
まつだい駅の道の駅の土産屋さん
なんですが
ここにもあった!

今回私はわらびをゲットしました。
山菜の風味に最近ハマってます。

image

このお蕎麦もまだ食べてないんだけど
『ここ来たらこの蕎麦でしょ』
とか(まつだい駅の道の駅で発見入手)

これ、雑誌には載ってない蕎麦。

本当に雑誌には載ってない情報が
たくさん集まってくるんですよ〜。

まだまだ深いぞ、越後妻有。
行き尽くしたなんて甘い甘い。

でも
やっぱり、SNSって凄いですね。
使い方で旅が変わってくる。

棚田は今の棚田はこんなですよって
『朝焼けが綺麗ですよ』っていう
お得情報もついてきたりして。

朝は行けなかったんだけど(^o^;)
夕方を楽しめました。

image

私も
どこかに旅を楽しみたい人の
心をかき立て、
旅のお役にちょっとでもたてる
旅日記を書けたらって思います。

日本の芸術 越後妻有の棚田

今日は精力的に
越後妻有を巡って来ました。
何故って?
田植えが始まっちゃうからです!
田に水をはり、水面に何もない時が鏡のように
景色を映し出す。
それを見たくて行ってきました!

image

まずは、蒲生の棚田に初参戦。
パンフレットに載ってる通り。
おじさんが、畑の手入れされているのが
遠くに見え、現実味感じます。

image

次は、儀明の棚田にも初参戦。。
真ん中の桜が 咲いている頃に
来なかったのが惜しまれる〜。

image

そして忘れずに 星峠の棚田。
ここは、流石に他の方もいらっしゃいましたね。
いつ来てもスケール大きくダイナミック。

で、

image

ドライブ中に見つけた
松之山辺りの棚田。
黄色の桜がまだ咲いてました。
田の真ん中に桜があるのは 風流でいいですね。

機械が入らない程の面積の田を
人の手で守り続けているこの越後妻有。

昔の古き良き日本の景色が
詰まっています。

もっともっと深く入り込んでいきたい!
そう思えた一日でした。

他の景色も本当に素敵だったんですが
それはまたの機会に。。
image
夕暮の星峠の棚田も撮影出来ました。
やっぱり水面が鏡のようで美しい。

雪国の春の夕暮れ

雪国の春の夕暮れ

陽が沈み、色を失い行く景色の中で
白い雪山と桜、立派な古民家の灯

すべてが夕暮れと混ざりゆく
グラデーションに惹かれて。

この色合いは この季節
厳しい冬を乗り越えてきた
雪国の人達の心を癒やして
そして、この春を喜びあうのだろう。

image

こちらはミラーレス一眼で撮影。

どの美人林も お好き?

image

雪国にも春がやって来ましたね。
ここは 新潟県の松之山の美人林という
ブナ林です。

2011年にこの林に出逢ってから
惚れ込んじゃいまして、
よくよく通ってしまいます。

何が魅力かって、
静けさ、ブナの樹の美しさ、木々のそよぐ音。
都会にはない自然の和らぎが
日々の疲れを癒やしてくれるのです。

image

冬(と言っても4月)はこの雪の深さ。
ブナ林まではスキーやスノーシューがないと
入れません。

image

雪のブナ林はこんな感じです。

また
雪が残る美人林も素敵なんですよ♪

image

季節を追っていくのも楽しいです。

image

新緑の季節

image

そして、秋。
色合いがだんだんと移り変わっていく。

どんだけ通ってるねんって感じですが

ふと、気付くと
「美人林に行きたいなあ」
って思ってしまう不思議な魅力を持つブナ林
なのです。

日本の古き良き景色を
是非、堪能してみませんか?

大好きだよ〜。