松之山温泉 〜湯・米・心(ユーマイハート)〜

image

image

暑い! という一言の真夏の一日、
日本三大薬湯の松之山温泉郷へ

image

足湯だ。【地炉】と呼ばれる
建物の前にある。

image

暑いのだが
ここに座ると心地よい風が吹き抜ける…
青地のタイルがなんとも爽やかな。
爽やか〜爽やか〜。。

image

足は湯が熱くて …
まだ入れない…
アチ、アチチ、あっちい!
浸けるぐらいが精一杯だよ。

足元は放っておいて
しかし、なんて爽やかなのかしら。

image

目の前には 湯元【湯やぐら】。
常に湯が湧き出している。

7,8百年ほど昔
谷底に舞い降りた鷹が
容易にあがってこない

それを見ていた木こりが
谷底に降りてみると…

岩の割れ目から
熱泉が流れ出ており、
岩場の湯が溜まってるところで
羽づくろいしている鷹を見つけ…

木こりは息を飲んだ。。

土地のものは
木こりの話を聞いて湯に浸かりに来た。

伝説の言われから
古来土地のものは温泉を
「鷹の湯」と
いいならわしてきたという伝説。
image

入ってくると ビックリ!
腰痛も無くなってる薬湯。
(本人経験談)
(写真は市営の温泉センター 鷹の湯)

温泉が見つかってからは

越後守護の娘が湯治に赴いたり、

元禄11年(1698)には
木賃(宿代)、湯銭を払い
7日間一回りで逗留(滞在)が
なされていたり。

明治時代には
髪結床のほか散髪屋も出来、
行灯がランプに変わり
商いの店が出来始め…

明治時代の勘定帳が温泉宿に!
凄いですね!想像がリアルに近づく。

松之山温泉 温泉宿和泉屋さんに残る勘定帳

上杉謙信も
戦に長野に通り抜けがてら、
温泉に入ったのかしら!

湯治客は賑やかな様だったのかしら…

当時の雰囲気はどうだったのかしら。

想像してしまう、、

温泉の泉源問題や、
火事など様々な出来事はあったけれど

今日まで長い道のりがあって

今の松之山温泉がある。。

image

image

昭和初期の頃の温泉街写真
温泉旅館和泉屋さん

道が今の道路の面影がありますね。。
また 想像がリアルに近づく。。

こうして歴史を知ると

松之山温泉の

湯・米・心(ユーマイハート)の

キャッチフレーズも
心にズキュンと染みますね。

そして来たる

2014年9月6日(土)7日(日)
JAZZストリート】なるお祭が
催されます。

温泉街に温泉宿に

JAZZバンドがやって来る

JAZZが
温泉街を初秋の風に乗って流れる…
image

今も昔も 温泉は癒しの場

なんとも…浪漫ですねえ。。

湯・米・心 (ユーマイハート)

image

初めて 松之山日帰りツアー

先日の 家族に続き、
日帰りで松之山を友人に案内することに。

相手は30代の女性。そして、初新潟。

めぐる場所は私におまかせ

初めから深い 一点所だと
土地の魅力も伝えきれんし…

などと色々 考えて。。
とりあえず、巡る場所を伝えておいた。

そして…(当日)
車中で

『今日行くところって、
観光に力入ってるところなんだねえ
どこも行くの楽しみ。』

「え、もしかして
ネットで行くところって
確認してくれたの?

嬉しいなあ!」

言われた言葉に
思わず正直に反応してしまった!

どうやら、
松之山のHP

十日町のHPを見てくれたようだ

■10時20分

image

まず、初めに今が旬の場所
①【津南町 ひまわり広場】へ

空いてて、8月下旬だけど

まだ上向きのひまわり達がいた。

(この後の時期【竜ヶ窪】に変わっても
イケるコースです。)

■さて、10時50分お昼の時間が近い。

image

数店 考えて 友人に決めてもらった。
②松代の蕎麦が評判の店【清兵衛】

おろし天ぷら梅そば
やっぱり、蕎麦も、天ぷらの衣も薄くて美味しーい!

■午後一番、

image

初めての里山はやっぱり、
検索しても一番に出てくる場所ってことで
③【星峠の棚田】

ここでの彼女の感想。

『遠くに見える赤い小屋、眼科の視力検査みたいだねー』

えっ?そこ?

「そうだっけ?」

なかなか独特の感性である。

■さて、次は…13時

④【松之山温泉街】へ

麓の駐車場に駐車し、温泉街を歩く。

image

やっぱり、
歴史ある温泉街を歩いてみてほしい。

温泉旅館や お店を過ぎて…
目的の十一屋商店さんへ。

実は、彼女に見てもらいたいものが
あったんです。

今年結婚する彼女には一つ、
応募の上、抽選なのですが
松之山温泉の有名行事、
婿投げ・墨塗り】に参加する権利が!

image

是非、応募してほしいなあ!って

お土産見がてら。。
婿投げの情報を見て!って
企んだのです(笑)

婿投げの舞台、
薬師堂と 湯元も眺めて
更に印象づける!

■14時…

image

⑤【三省ハウス】三省カフェで お茶

やっぱり、学校の温もりは独特ですよねー
そして、地元のお母さんのおやつを味わう

今まで巡ってきた場所を
地図を見ながらゆっくり休憩。

image

小谷の羊さんにも 会えました(笑)

優しい表情だなあ、威嚇されてたんだけど。。

驚かせてゴメンナサイ。

■15時…

image

⑥【美人林】
やはり美しさに感動。

森林浴が好きな彼女は
「スノーシューでのウオーキングに参加したいね」

あ、ちょっと 松之山へ関心が出てきた?
しめしめ(゚∀゚)

■16時…

image

⑦【松代農舞台】

越後妻有大地の芸術祭のメイン?所

棚田や 草間彌生のオブジェ。

来年は大地の芸術祭ですからね、
きっと雑誌に取り上げられると
ここは出てくる場所

思い出してくれるよね?

来年まで先読んじゃいます(フフフ)

写真は現在展示されてる
田中みずきペンキ絵展で描かれた農舞台
10月26日まで展示だそうです。

■そして、17時…温泉

image

⑦【ナステビュウ湯の山】へ

入浴して帰って
家に帰ったら バタンキューが
日帰り旅の醍醐味 になってます。

■そして、夕飯は 19時…

image

⑧十日町の【タナカクマキチ】へ

・SNSでも 美味しいって評判の店
・地元の人も友人を連れて行かれるお店とか
一度行ってみたくて。

って最後の最後でツアコン失格?(笑)

でも、美味しーい!
舞茸のプレートで舞茸三昧!満足!
店員さんも親切でした。

■20時…帰途へ…!

ちょっと 詰め込んだかなっ
いっぱい、行きたい場所はあったんだけどな。
って思ってると

翌日、友人から来たメールは
『どこも楽しかった!ありがとう』

嘘やお世辞は言わない友人だから
素直に嬉しい

企画して良かったなあ。

1日を単位にして巡るコース

を考えるって面白い

そして、まだまだ知らないな!
って振り返り思えた1日でした。

関東圏からだと

ちょっと急ぎ足ですが

松之山、松代、津南町の
里山を巡り、
温泉入浴しての

1日 めいっぱい使い切り
日帰りコースです。

松之山 大厳寺高原〜夏〜

やって来ました

松之山大厳寺高原

image

少しは涼しいかなって
期待してきましたが

暑い。。

けれど、雑踏の音なく静か。

キャンプ場のロッジから

ラジオの音だけが聞こえてきて

それが 心地良い。

image

今回は
このレストハウス
希望館に
用があって訪れました。

なんだか、

メルヘンチックな感じがする風景に

1人女性らしく ときめいていると

脇の茂みで『ガサゴソ…』

蛇?
猫?
他に何がある?(゚∀゚)

早々と 階段駆け上がっちゃいました。

ゆっくりメルヘンを

味わう

つもりだった

のに。

image

用事とは…
このラーメンです。

肉みそ麺!

地元の方のブログで紹介されてたので
食べたくなっちゃって。。

今回は上越側から 大厳寺高原に
直行で
挑戦してみましたが
いやー、

道中結構 くねった。

自分で言うのもなんですが
食欲とは恐ろしい(笑)

風味豊かで コクがあって
ニラが気になるけど 美味しー。
空きっ腹に染み渡る。

来てよかった!

食欲ありがとうー(ゲンキン)

このラーメン、

松之山温泉スキー場の
定番メニューだそうです。

冬食べると間違いなく
絶対温まるよー。

でも、今は真夏〜。
お店の方に

お気遣い頂いて 配置頂いた

背後からそよぐ
扇風機の風に助けられ

ふーふーしながら
美味しく頂きました。

image

窓越しには

キャンプを楽しむ家族連れ、

そして、
お盆の頃
真夏の雪まつり

に活躍する残雪が

シートで覆われて待機中。

image

外から眺めると

やっぱり、メルヘンチックな

希望館。

image

なんとも 贅沢な空間。

image

美味しいとSNSの中でも
評判だった

大厳寺高原ブルーベリーもゲット。

本当に肉厚で美味しそう。

image

大厳寺高原は

広さ約350ヘクタール、
天水山(1088メートル)の麓

標高700メートルから上に広がっています。

町の努力、
県の協力によって
事業が進められてきた高原だそうです。

image

キャンプ場、ブナ林、林道、
鳥のさえずり、様々な花々
自然との触れ合いを
楽しめる場所。

冬は雪に閉ざされるので
半年の期間限定です。

棚田や色んな景色に出逢えて

松之山 満喫気分になれる

ドライブコースでもあります。

先日は野ウサギが道を横切りました。

ブレーキを踏んで

歓声をあげたのは言うまでも
ありません。

松之山 天水越(あまみずこし)

天水越 あまみずこし

もとは『雨溝』が天水越
と改られ、
温泉場(松之山温泉)は
湯本 という呼称になったという。

これは元亀3年(1573年)、
上杉家の検地の際に
改められたと伝わってるとか。。
(『松之山温泉案内』『松之山町史』より)

また

越後守護 上杉房能が

守護代の長尾為景(上杉謙信の父)
に追われ

逃げる際に 天水越に走ったとか
房能が自刃した場所は
『管領塚』として碑が残っています。

歴史が重なると 趣が増します。
(決して歴女ではないです)

気に入ったら
調べたくなる性分で…

上記の事は
訪れた後に知りました。

image

この風景を見たら、
クルマを降りてしまった。

この日の心は『無』
見たままの景色が自分に
飛び込んできた。
image

緑の棚田。

いつも思うが、

納屋がいい色でオブジェのよう。

image

向かい側の景色を切り取ってくれる

カーブミラー

image

5本仲良く揃う

用水路

image

バッタにも出逢ったよ。

私にお構いなしで歩いていくバッタ。

カメラ構えてついていく私。

遠目に端から見たら

四つん這いで小径をゆく女性。

怖いやろうねー。(笑)
image

まるで空に続くような道

天空の城ラピュタみたいに

どこか彷徨う場所に来た気分。
image

暑いけど歩くと出逢う新鮮な景色に
思わず伸びをする。
影さん、ちょっとポーズカタイよ。

通り過ぎるクルマの運転手の視線

地元の人→怪訝
観光の人→何かあるのか?

地元の人と観光の人で違いを感じる。
面白い。
image

未知の先には 何があるの?

この日は
そう思いながら
天水越を歩いた。

次々と飛び込んでくる
素晴らしい景色。

熱い 夏の松之山カラー、
美しい。

きっと眺める人
眺める時の心で
何気ない風景も美しい画に
なるんだろうね。

時は経ったけど志は折れてないよ。

私は松之山が好き。

松之山 あさんぽコース 〜三省ハウス〜

松之山をあさんぽ、

先日、あさんぽ始めした。
今回はどうしようか?

一度見てみたいと思っていた
「三省小学校の通学路」に
行ってみよう
image

三省ハウスを
車で訪れる時の道とは異なる

三省ハウスの
体育館奥の運動場に
その校門があるらしい。
image

ああっ、あるある。

なんて趣きある校門、

秘密の花園みたい(本人の脳裏の想像)。。
そして、
この写真はお昼に撮りました…
(すみません)

image

校門を左に曲がると

水梨の白山神社がある…
ああ、あった!
先ずは勿論お参り、ご挨拶。

image

神社の周りを木々が守っている。

それにしても太い幹だ、
しかも迫り出してる

すごーい。

image

更に進むと 長い階段が。

ゆっくりゆっくり

先を楽しみにしながら
踏みしめて降りる。

嗚呼、参道を降りているんだな。

民家が見えてくる。

パタパタ、

カタカタ、カッチャン

朝の生活の音が聞こえる。

集落の普段の生活の音。

image

右に折れると
三省ハウスに戻れるかな?

ゆっくり、
道を振り返りながら歩いていく。

image

道端には、松之山の方のブログで見た

「ヤマユリ」が 咲いてる。

間近で見れて、名前もわかってるよ、

嬉しい!

image

あ、カエルが跳ねた。

カワイイ!

image

何気ないものが 画になるね、

季節を感じるね、
その土地の魅力を感じるね。

楽しいあさんぽ。

教えてくれてありがとう。

30分程の 優しいあさんぽでした。

松之山 1人美人林 〜 雨の日に〜

image

いつも癒される美人林、
5月はツアーと見られるカメラマンが
多かったけど
7月は減ったかな、
団体さんを見かけない。
今回は 大雨、豪雨だからか。

駐車場まで来たけれど
誰もいないわー。

美人林に入る小径で
作業着のおじさんに出会う

「こんにちは。」

挨拶交わすけど、怪しいのは
私の方だよね(笑)

image

雨の日も ブナ林は優しい。
豪雨も小雨になる。

image

そして 晴れの日と違う顔を見せる。
紋様が現れる。
この白い斑点には名前があって
地衣類っていう。
菌類と藻類が合体した生き物なんだって。

image

幹を雨水が伝って輝き出す。
これにも名前があって
樹幹流って言うんだって。
美しいわ。
image

ブナについての本をキョロロで見ると…
雪国ではブナの漢字を『 椈』って書くそう。
囲むというつつみがまえ(勹)の中に
米を配置しブナが田んぼを囲み、
生活の
身近に存在するのを表すかのようって

上手いこと言うなあ!

ブナがこの地域で大事ってこと。

image

雨の降らない日には 見られない
美人林の別の顔。
訪れる日が雨の時はラッキー
って感じで美人林を訪れてみては。

え、そんな雨の中、長居してられない?
大丈夫っす、体が冷えても

日本三大薬湯、松之山温泉
ホクホク温まれますから

ちょっとしたツアーですよね^_^