松之山カラー 〜 夢 〜

松之山で 作られたお米が

やって来た。

image

初夏の頃、

夢と希望を持って訪ねた里。

image

そこで

ひとりの女性に出逢った。

image

初めのひとコマは

農作業に

颯爽と 軽トラを運転して

ビュンっと過ぎ去って行く姿。

超カッコいい〜。 一目惚れ。

image

農作業後に
里の方数人に
お話も聞かせていただいた。

勿論、

冬は厳しい
雪かき以外は
家にこもって本を読んだり
身体休めて過ごす

農作業は棚田で

なにから何まで大変

けれど

自給自足、自然との生業に

充実されてる姿がありました。

そのお話を聞かせていただいて

数週間後

お礼にまた伺ったんです。

image

いらっしゃるかな?

ドキドキしながら

チャイムのない玄関で

「●●さん、こんにちは〜。」

何度か呼んでみた。

作業前のようでいらっしゃった

「ちょっと、お茶していかない?」

image

素敵な縁側で

座って景色を眺めながら

過ごした時間。

秋には 収穫の経験をさせてもらいに
行きたかったのですが

環境が変わり松之山を訪れる事すら

叶わなくなっている今

image

あなたの夢はどうなったの?

って、便りで 松之山から

たずねられたんです。

変わっていません。

私の夢は

松之山で生きることです。

やっと

夢を 公に発した 。

image

実は、秋前に薬師堂に掲げてたんです。

今を頑張って

必ず叶えたいです。

松之山で

その素敵な女性が

無農薬で作られたお米が

改めて気持ちを素直にさせてくれた。

食するのが楽しみです。

覚えてくださってて

ありがとうございます。

本当は、秋に訪れなかった私の事
忘れられてるって思ってたんです。

また、必ず 。

松之山カラー 〜にじいろ〜

朝のテレビから流れてきた

絢香の 「にじいろ」

image

image

ふと浮かんだのは

三省ハウスの

あの落ち着いた食堂の朝。

image

なんでかっていうと

あさんぽした後に

朝ごはんを頂いてると

この曲が

テレビから流れてきたから。

image

そしてテレビの前には

いつも宿直スタッフの方の

背中がありました

image

これは、その方が書いてくださった

小谷の名所の地図。

旧高田街道

宝物です。

この夏から秋にかけて

本当にお世話になったんです。

気に入っちゃって度々訪れて。

「三省ハウスに泊まるおねえさん」?

なんて聞かれたりした。。

image
思えば

初めて

泊まった夜の緊張感から

image

翌朝の目覚めた時の

安らぎ

そして

泊まる度に

image

優しく染まる

夕暮れや

image

夜のカワイイ

出逢いや

image

朝の

清々しさ

image

すました?

羊さんや

image

心こもった

ちょっと寄ってきなさい

みたいな

image

里の方々との

出会い。

image

そして

一人だけでの キンチョー

小路歩き。

image

おかえりなさい

image

迎えて下さる

方々

image

image

この曲が流れるだけで

歌詞に聴き入るだけで

色んな場面が溢れてきた。

松之山って本当に
あったかい素敵な場所

なんですよ。

これからも、

大事にしていきたい。

よろしくお願いします。

松之山カラー 〜 秋の山里 〜

やっと

訪れることが出来ました。

秋の松之山

もう 秋も終わろうとしていました。
そして雨…じゃなくて
大雨のミゾレ混じりの雨。

けど お構いなし。

image

雨でも、

紅葉の山里はキレイ。

image

刈られた後の棚田も

彩りに交わって

アートの世界。

image

寂しげなベンチ?

いえいえ

素敵な彩りのベンチ。

image

美人林、

雨が降ると独特の紋様が出てきて

秋の 紅葉とともに更に輝く。

image

雨も忘れて

見惚れる。

image

雨も気にせず

歩き回ると

びしょ濡れになるんですけどね。

image

松之山は

日本 三大薬湯 松之山 温泉が

あります。

身体がどんなに冷えても

温もって

そして

お肌も

ツルツル ピカピカ スベスベ。

image

一度は来て見て 松之山

『湯・米・心(ゆめごころ)』

ユーマイハートの 松之山温泉。

image

体も 心も 一緒に 温もります。

訪れたら きっと わかるから。