この魅力 いつ 誰の心に

image

初めて来たときはね

なんのマークかわからなかった

image

この黄色ボード

至るところにあって

なんだ、この暗号?みたいな

今となっては 巡るのに

大事な道しるべとなってる

image

どこかで 誰かが

image

アートに何かひとつでも出逢うと

image

3年後の大地の芸術祭が

きっと皆

楽しみになるんだけど

だって

image

町や里山の方々が

休憩所とか 作って待ってくれてるの

作品の近くで。

image

3年前は初心者マークだったけど

やっぱり魅力に
触れてしまって

image

もう トリコ。

私が 楽しみなのは

自分でめぐる順番決めて 探検するみたいに

ワクワク出来るとこ

image

色んな知らない路を

通って

image

色んな景色に出逢う

でも

一番は

アートの中で里山との融合される

景色

image

気付かないところで出逢う

ふとした景色

image

作品の向こうに

カカシ

image

田畑の路に

インドネシアの風車

宮崎駿の世界?

自分の心が 透明に浄化される様な

芸術作品を作った作家の詞を借りると

『抑えている感情が解放される』

そんな気がしてくる

image

なに、この 美しい 白

自分まで白くなった気分だよ

image

3年に一度の大地の芸術祭で

日本の 景色

里山の魅力に

触れてみませんか?

image

巡った後は 疲れを癒す

日本三大薬湯 松之山温泉も

近くにあります

松之山カラー ~大地の芸術祭の中でも~

3年に一度の芸術祭

image

出逢った3年前を懐かしみながら

image

暑い中
私も気になった作品を巡って

image

移動最中にも景色を

楽しみながらも

image

やっぱり訪れたくなるのが

温泉街

image

落ち着く

image

参らずには

いられない

image

寄りたく

なるし

image

座って松之山時間を

楽しみたい

image

のんびり

浸かって

image

松之山で

心も温まる

image

この空気ひととき

真夏でも