~繋がりからの贈り物~

今回は街のどまんなか

目黒区 の碑文谷八幡宮
image

ビルやマンションが立ち並ぶ中に
その神社は佇んでました。

仕事でその土地に行く機会が多いのですが

松之山がご縁のお友だちに
教えていただいたのです
それもfacebookのコメントで。

『まさに パワースポット』

その言葉が脳裏に焼き付いてて
もう自分のなかで
【訪れる場所】になってました。

近付くときの
逸る気持ちがなんとも言えないですね

どんな場所なのか

きっとこの道の向こう側…

子供たちの声…

公園?

image

あったー

境内の中に公園

image

背の高い木立がいい感じ

ぐるっと回って
鳥居を潜るぞ

image

って参道は桜並木ですか
春が待ち遠しいですね‼

image

境内を覆い被さる木々

そし今日は晴天の風も気持ちいい

image

浴びる陽射し、

吹き抜ける風、紙垂が揺れてる。

気持ちいい~♪

image

『洗心』『心洗』

イヤー、洗われますとも
涙出るくらいに洗われますとも

(そんなに日々 追われてるのか?)

教えていただいて
ありがとうございます(///∇///)

image

この神々しさ

間違いなくパワースポット

パワーチャージですよ。

image

こどもの登下校の道にもなってる。

絵になるなー。

image

隣に
すずめのお宿公園という
公園もあって

image

竹林が大事に保存されてる。

過去に
松之山で
『中立山』や『千枚田』や『小谷』

image

色んな場所を
沢山の方に教えて頂いて
感動して
松之山カラーとなっています。

image

本当に
松之山に出逢えて良かったなー
感謝です。

私も 雀のように『恩返し』したい。
するんだー。

どちらのつづらがいいですか?(笑)

~ なんだか優しい景色 上蝦池~

この前
初めて連れていってもらった場所が
あります。

赤色の立派な橋を抜けて
トンネル抜けたところ

布川地区の
上布川地区でも山地帯の
上蝦池(かみえびいけ)集落

少し高台から眺めると
日本昔話に出てくる景色みたい
だそうで

昔話が好きだった私はワクワク。
ワクワク。

クルマから降りて
眺める

image

ほんとだ。
なんだか落ち着く佇まい。

それもそう

国道353号線から遠くに見える
赤色の橋とトンネルを抜けて

東川の右岸高地にこの集落は
静かに位置しているので
趣がまたあります。

こうしている間に
郵便局の車が通り抜けていく。

なんかの宣伝みたい(///∇///)

image

さて上蝦池 どこだ。

image

ここだ(笑)

松之山には沢山の集落があって(黄色)
名所があって(桃色)

って
白地図だと見辛いですよね。

image

ちょうど地図の右下にあたる
集落を訪れてました。

image

こうして
訪れた土地と地図を
見比べるのは楽しいですね。

集落の数だけ春夏秋冬楽しめるぞ(^^)

次はどこに行こうかなあ。

~16年の冬模様~

泊まりで訪れると面白いのは
その土地のまた違った表情を見れること。

image

朝から霧が

image

雪里を幻想的に

image

って言ってると

image

どんどん
どんどん
霧に包まれていく

image

松之山も

image

浦田も
どこも

image

美人林も

image

昨日のオラフ太郎は…

image

オラフ、融けとるがなー( ノД`)…

カルシファーか!

image

元通り?

霧が出てた原因…

雪里も温かったからです。

image

雪が融けてる音がしてました。

本当に温かい2日間でしたよ

image

その時 その時の表情を楽しむ。

今度訪れたときは

どんな表情を見れるかな。

この後、
直ぐにまた50センチ近く一晩で
積もったようです(;^_^A

~冬の中の熱い眼差し~

松之山に帰ったときに
久々に長距離運転した。

松之山まで400キロくらい?
好きな曲を聞きながら…
真夜中を

やっぱこれが私の気分転換なんだなあ

image

そして
幻想的な雰囲気を仲間と楽しめた。

image

その時に出会った
無垢な眼差し。

image

始まるまで騒いでたのに
灯をつけると
ずっとそれを見つめてる

image

ずっと心に留めててね。

大人も子供も一緒で

image

その灯火を

image

その一瞬を見逃すまいと

image

見送る。

wpid-dsc08375_1-1024x679

 

一方
松之山でも
『松之山フェスティBAR』の最終日

wpid-16-02-14-23-27-57-050_deco-1024x679

 

『寒くないの?』

かなりの薄着に思わず聞いた。

『せっかくの催しなので
ヤマバですし頑張ります』

良い表情してるなー。

冷える松之山の夜の9時に
キャラクター?衣装を
見に纏って

 

『良かったら
かまくら覗いていってください』

wpid-dsc08387_1-1024x679

『いいの?』

『どうぞどうぞ』

wpid-dsc08472-1024x679

 

中では女の子が

ドリンク勧めたり

カラオケしたり

ハンドマッサージしたり…

思わず撮らせてもらった。

学生の頃にこんな
マネジメントの経験が出来るって
良いなあ。
きっと将来に活きるよ。

続けられる取り組み、
ずっと心にも刻んでてね。

wpid-dsc08392_11-1024x679

 

温泉街も灯りを纏って
良い雰囲気。

image

私も

無垢な気持ちで大好きなカメラに

その眼差しを収めてたんだろうな
image

撮られちゃった。

集中してるやー。

image

久々に帰ってきた松之山

訪れたらわかる
この雰囲気。

雪の松之山は春夏秋冬
色んな行事が催される
日本 三大薬湯 松之山温泉が

キラキラ輝いてます。

~麗しの 美人林~

やっと帰ってきたよ
image

小雪とは言えども
積もってる。
image

今年は『かんじき』をゲット

もう待てない
気持ちがはやって
足が走り出す。

image

美人林に

image

着いたー

image

ただいまー

image

会いたかったわー

image

見上げれば

ずっと眺めたかったこの光景

鳥のさえずりだけが聞こえる

image

やっぱ 冬の美人林が一番好き

大好きだー

手が かじかんでも
雪だるま 作りたくなる

image

今年はオラフ

不細工(笑)

でも、可愛いぞ、オラフ太郎。

image

キョロロ
スノーシューレンタルしてます、

参加者の方が 館員さんの説明付き
ツアーに行かれてました。

冬の自然の中を散策も
気持ちいいですよ。

オラフ太郎元気でね(笑)
image

~癒しのひといろ~

最近定着してきた

松之山中毒症という名の

まほう

発症したと呟くと…

image

気遣ってくれるヒトがいる

その優しさと気遣い

千葉から遠い新潟の土地の青空が

心にジンと染み入る

ありがとう

image

最近は

オンラインで名物を
お取り寄せすることもできますよね。

自分が胸はって
ヒトに贈れる贈り物ってなんですか?

わたしゃ やっぱ 賞味期限あるけど

image

しんこ餅。

image

優しい気遣いが
送られてくる箱の外にも
中にも

これは個人ならではの
心遣いかもしれないけど

嬉しいよね。

image

また何気ない

会話の中で

タイヤの交換時期まで教えてくれる。

小さな四角の機械の中で
何人ものヒトと交流したり

大事なやり取りをしたり。

大好きな松之山のことで
松之山好きなヒトと
通じあえたり。

image

だって 松之山 共通の話題で
初対面でも盛り上がるんですよ。

image

今年参加された
『婿投げ』の話題で盛り上がったり。

image

温泉の話題でも。

どこから源泉が沸いてるとか

滝見屋さんの おトイレとか。

なにが松之山の魅力?

自然はもちろん

通いあえるココロではないでしょうか

それがまた景色とも結び付いて
強い魅力になっていく。。

松之山へ味わいに
行きませんか?

癒しの

松之山時間

image