~湯山集落の大欅~

結構な頻度で松之山に来るけど
今回初めて訪れる集落
湯山集落

きっかけは

『今はもう 無いのですが

よく子供の頃遊んだ神社にあった大欅が

天然記念物だったんです。

見てもらいたかったなー』

って
教えていただいたこと。

image

本にも記されていて

盆踊りの甚句の石碑が 神社に。

image

『初』
っていつも緊張する。

その道の向こうに何があるの~?
って。

その向こうには…

image

何とも言えない景色がありました。

何て言うんだろう
いつもすぐ思い浮かぶのは
桃源郷だけど、

image

のどか

というのか…

image

集落に

丘があって
神社があって、水田があって
桜の木があって

芸術(アート)的な家々があって

鳥の囀ずりと 蛙の合唱。

そして

肝心の神社

『松苧神社』

image

入り口から

大欅のことが記されてる

ここであってますか?

image

階段上がると

苔むす境内。

image

これは

手水所かな?

その土地の神社の特徴が

見れて面白い

image

大欅の場所に石碑が…

大欅見上げて感動したかったなー。

きっと 集落を見守ってたんだろうなー

しばし 心の眼 で見てみる。。

ふと、足下みると

image

あ、蛙…。

『バシャーン』

image

遠くの池見ると
鯉が跳ねてる…

歓迎頂き
ありがとうございます。

これで6件目だけど

松之山 どこの神社も
雰囲気が素晴らしいですね。

image

なんて のどかで

シャッター心揺さぶる風景。

image

登った 大欅からの風景は

こんなでしたか?

image

集落 を丘から 眺める景色は

こんなでしたか?

image

想い出詰まってる場所は

やっぱり緊張するけど

教えていただけて
嬉しかったなー、

ありがとうございます( ´∀`)

~いにしえの都 奈良にも…~

今回は
奈良を巡る旅

image

ここに住んでた十数年前

平城京跡も 薬師寺も唐招提寺も
散歩で行ける

史跡好きにはたまらない場所に
住んでました。

image

散歩で行くって

何とも言えないノスタルジーに
浸れる訳ですよ。

image

左に生駒山

image

右に 若草山

image

そして 原っぱ…
調査されてる遺跡

小学校の遠足もここで
かくれんぼしたなー。

今は 遷都祭で整備されてしまって
アスファルトの駐車場
復元の建造物

昔の面影はないんですけど

楽器の練習する音色

image

遊ぶ人

image

遮断機が遺跡の真ん中にあって

image

近鉄電車が走ってて

image

そんな遺跡を

吹き抜ける風を

image

遺跡の上で 腰かけて

聞く、眺める、目を閉じる

image

あ~、心地いいです。

image

昔の都はどうったんでしょうね~

そういえば東大寺の開眼の供養で

納められた麻布に 頸城郡胆君郷の

越後上布があったそうで、

正倉院に松之山の縁もあるんですね。

なんて話 思い出してました。

image

色々思い浮かんで 懐かしんで…。

やっぱり心地のいい

平城京跡。

~今年の 雪の想い出~

降り始めの驚きの

『スリップ』の恐怖

から始まり

image

降雪の少なさもあったけど

雪の季節の驚きと 感動

image

手軽に歩けるアイテムを手に入れ

image

写真を撮る新しい相棒ゲットで

image

一人美人林

image

満喫して

image

まだ自分で嗅いでないけど

地元の方に教えて頂いて

陽を浴びる雪融けの『匂い』

があることを知った 冬です。

image

自然の芸術がいっぱい。

image

私が置いたんじゃないよ。

美人林って ブナの木なんですけど

image

ほら、根開けが進んでる。

木自体が発熱してる訳じゃないけど
春の訪れを感じる。

たまに上から雪が積もって空洞に
なってビックリするときもあるけど。

って

色んなコトを感じて

リフレッシュ出来る
寒いだけじゃない 『冬』が

ここにはあるんだな。

そしてその後は

日本三大薬湯松之山温泉で ♨

心も体も あったまって 帰る~。

なんとも
贅沢な休日リフレッシュコースだ。