【蕎麦打ち】

松之山は

だんだんと冬めいて寒くなってきています。

先日の11/10(土)と11/11(日) に

集落の行事、『黒倉収穫祭2018』で

蕎麦打ちをしました。

醸す森さんで お客さんに

ご賞味いただく蕎麦を作りました。

まさか自分が何かを創り出すなんて(笑)

蕎麦を30分以上こねて

伸ばす作業まで。

なぜ伸ばす作業までかというと…

何度か切らせてもらったのですが

なっかなか均等にならない❗

太さでゆで時間が変わるため

「切る」という作業は達人にお任せ。

今回は達人に

①こねかた

②伸ばし方

③切り方

のコツを教えてもらったり出来

貴重な経験となりました。

この蕎麦打ち体験は 結構人気がありまして

醸す森さん の

ホームページから

ご予約頂いて 体験することも

出来ます。

先日も おじさんお二人が

参加され

『蕎麦祭り』会場で

一生懸命作った蕎麦を

楽しそうに食べてらっしゃいました(笑)

旅のひとときを思い出を創り出すっていうのも

集落でみんなでなにかを創り出すっていうのも

また嬉しいですね。

【春を愛でるために】

早いものでもう11月
冬の準備をする時期になりました。

私は松之山で2回目の冬を迎えようとしています。

1年目は恐々迎え
雪道、雪堀全てが初めてで
集落でも職場でも
お気遣い沢山ありがたくいただきながら
過ごした冬でした。

そんなことを思い出しながら
今年一緒に二回目を過ごす仲間
『チューリップの球根』
を植えました。

今年の春に堀上げをした球根

冬をじっと土の中で
待ちながら成長するチューリップと

次の春を一緒に愛でれたらと思っています。

今から春が楽しみで 待ち遠しい(笑)