カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【変化】

普通にしてても

やっぱり多少の変化は出てくる訳で

『不安』もある。

定期的にやってくる会社の

『異動』もそう

突然やってきた(笑)

責任範囲が拡がるのだ…

しかし

ストンと

思いがけず出逢う転機もある

それは太鼓

3年前にそれはやってきた

なんて 楽しそうに打つんだろう

自分の中で魅力となってストンと入った

そして2年前

同じく内容変わっても

またそれもストンと響いただけでなく

気持ちは

『太鼓やりたい❗』に変わり

鼓舞の会に導かれて

今現在 太鼓を

楽しませていただいてるんですが

出逢って3年目

ストンと入ってきた太鼓の主の

パフォーマンスを間近で見る機会が

『うらだ屋』さんだったんだ…

感動とともに音がお腹の底から響く

やっぱりいつでも楽しそう。

嬉しいことに太鼓についても

ご指導いただいた❗

鳥肌モノである。

今の目の前にある『不安』にも

太鼓に出逢ったみたいに

構えずにストンと受け入れてみたら

いいのかも知れない

初めて聞いた時の太鼓の音色が

今でも脳裏に響く

【松之山日記~ふと思う~】

何気なく目が行く景色

名所でもなんでもない

道の脇だったり

遠くの景色だったり。

『山桜咲いたのを眺めたい』って

Facebookでコメントいただいてから

『山桜』ってのが気になってた。

家の台所から見える桜の木は

山桜かしら?

松之山の桜も

どの桜もきれいですけど

『山桜』じゃないよねきっと

じゃあ、あの桜は?

昨年は撮影に来てる人をよぅ見たけど

今年は見てないなあ

でも

今年もキレイに咲いてる。

その日は雨だったけど

雲が降りてる 残雪が残る山の景色に

桜が咲いてて

ふと思い出した やりとりなのでした。

雨上がりに The sky after rain

気が休まらない日々の中で
楽しいTVプログラムに癒やされ、
お気に入りのコーヒーショップまで
ドライブをした帰り。
家に近づくと雨が上がって
空が晴れてきた。

wpid-DSC_9021.jpg

 

wpid-DSC_9022.jpg

 

有名なビーチでもないけれど
砂浜と水平線がある。

wpid-DSC_9029.jpg

 

海からの 夕暮れの風を浴びる。

wpid-DSC_9038.jpg

鳥が飛ぶ。
雲間からの夕陽。

wpid-DSC_9061.jpg

砂浜でひとり。
刻々と変わっていく空、水面、砂浜。

wpid-DSC_9054.jpg

wpid-DSC_9063.jpg

 

この美しい景色を独り占め。
シャッターを切らずにはいられない。
一眼レフ忘れたけど。

wpid-DSC_9056.jpg

During days not to feel relaxed
It is healed by pleasant TV program,
I go to the favorite cafe,
The return that went for a drive.
Rain stops when I approach the house and
The sky cleared.
It is not a famous beach
There are a  beach and the horizon.
I take wind of dusk from the sea.
A bird flies
The setting sun from the break in the clouds.
I am alone in a  beach.
I monopolize this beautiful scenery.
What luxurious.
My fellow. With a mobile camera.

 

冬の灯り(The light of winter )

冬。
image

寒さにも 良いところがある。

澄んだ空気に気が引き締まる。
身体に 澄みわたらせてくれる。
image

灯りを 煌めかせてくれる。
その煌めきに さらに 人は心が澄まされる。
image

それらの心地よさを求めて 冬はライトアップが各地で催されるんじゃないかな。
image

灯りを眺めながら そう思った冬の一時。

Winter.

There is merit also in cold.

To clear air  Mind becomes tight. 

It seems that the whole body becomes clear.

A light is brightened.
The heart clears people to brightness.

Is lighting held in various places in quest of it in winter?

One time of winter which considered so while looking at the light.